公認会計士になる為に

公認会計士の資格を取得したことによって、どのような業務につくことができるかご存知でしょうか。公認会計士になるには、国家試験に合格し、資格を取得する必要があります。その資格を得て公認会計士として登録されてはじめて、公認会計士を名乗ることができます。

サラリーマンその業務内容とは、代表的なものに「監査」があります。日本の企業の中でも、証券取引所に株式を上場している企業、資本金が5億円以上の大企業は、健全な経営がなされているかの監査を受けることが義務付けられています。つまり、第三者的立場からのチェック機能であり、この業務が公認会計士の大事な仕事となっています。企業の収入・支出記録について内容に誤りや嘘がないかを確認し、粉飾決算が行われることを防ぎます。粉飾決算があると、株主の投資の判断材料として混乱を招くことになりかねません。このような経済分野において、大勢の人の活動を陰で支える業務が「監査」になります。

勤め先としては、監査法人に務めることになりますが、他にも一般企業に属して経営や会計のアドバイスやコンサルティングを行ったり、経営戦略やコスト削減、合併等の企業サポートを行っている公認会計士もいます。このように、公認会計士としての活躍の場は広がりつつあります。また、公認会計士の資格を取得したことによって、税理士としての資格も得ることができますので、税理士として業務を行うことも可能です。このように多くの職務の可能性がある公認会計士を目指す方へ、その効率的な勉強方法等を紹介します。

Pocket