合格にかかる勉強時間

公認会計士になる為には、長く困難な道のりが待ち構えています。公認会計士の試験に合格する為には、いかに効率的に、ポイントを押さえて勉強を進めるかということが大切になります。

公認会計士の試験は、司法試験に匹敵するとも言われる程の難関です。まずは最初に、公認会計士試験の筆記試験に合格しなければいけません。これは二段階式になっており、一つ目のマーク形式の短答式試験に合格した者だけが次の記述形式の論文式試験に進むことができるという試験です。一般的に、この筆記試験に合格する為に必要な勉強時間は、3000~5000時間と言われています。つまり、無意味にだらだら費やす時間はないということになりますので、いかに試験攻略をした勉強方法ができるかによって効率が変わってきてしまいます。

大学生や現役学生の場合は勉強だけに専念できますが、キャリアアップを目指す、あるいは転職、職場復帰の為、定年になったとしても仕事を続ける為等、様々な理由で、試験合格を目指す社会人の方も多くおられます。そのような場合には、より勉強に適した環境に整えることができるかどうかが合格を左右します。もちろん、独学という方法もありますが、先述した勉強時間を考慮すると、現実的ではないことがわかります。

Pocket