社会人講座の利用

机公認会計士試験の合格の為に、いかに環境を整えるかという問題についてですが、その方法の一つとして、社会人講座の利用がお勧めです。この講座は、名前の通り、社会人の方が取り組みやすいようにできたカリキュラムとなっていますので、最新情報を取り入れた、公認会計士試験対策に特化した内容になっています。社会人でも合格を目指すにはどう対策を練ればよいのか、専門家が作った独自テキストを利用し、動画やオンライン教材、サポート等がセットになっていますので、時間が作りにくい社会人に有り難い講座となっています。

専門学校に通う費用や時間はかけることはできない、そう思う社会人や主婦の方に利用しやすい講座ですので、公認会計士の試験に挑戦してみたいけれど、どうして良いか、どこから手をつけたらよいのか見当もつかない、そのような場合には、ぜひ利用されることをお勧めします。攻略のプロである講師陣から、合格できるようにしっかりサポートを受けることができます。また、試験合格後の就職のサポートも行っているところを選ぶことで、大変な試験準備に追われながら、自力で就職先を探したり、心配する負担も軽減されます。公認会計士を目指すのであれば、検討されてみてはいかがでしょうか。

Pocket

合格にかかる勉強時間

公認会計士になる為には、長く困難な道のりが待ち構えています。公認会計士の試験に合格する為には、いかに効率的に、ポイントを押さえて勉強を進めるかということが大切になります。

公認会計士の試験は、司法試験に匹敵するとも言われる程の難関です。まずは最初に、公認会計士試験の筆記試験に合格しなければいけません。これは二段階式になっており、一つ目のマーク形式の短答式試験に合格した者だけが次の記述形式の論文式試験に進むことができるという試験です。一般的に、この筆記試験に合格する為に必要な勉強時間は、3000~5000時間と言われています。つまり、無意味にだらだら費やす時間はないということになりますので、いかに試験攻略をした勉強方法ができるかによって効率が変わってきてしまいます。

大学生や現役学生の場合は勉強だけに専念できますが、キャリアアップを目指す、あるいは転職、職場復帰の為、定年になったとしても仕事を続ける為等、様々な理由で、試験合格を目指す社会人の方も多くおられます。そのような場合には、より勉強に適した環境に整えることができるかどうかが合格を左右します。もちろん、独学という方法もありますが、先述した勉強時間を考慮すると、現実的ではないことがわかります。

Pocket

公認会計士になる為に

公認会計士の資格を取得したことによって、どのような業務につくことができるかご存知でしょうか。公認会計士になるには、国家試験に合格し、資格を取得する必要があります。その資格を得て公認会計士として登録されてはじめて、公認会計士を名乗ることができます。

サラリーマンその業務内容とは、代表的なものに「監査」があります。日本の企業の中でも、証券取引所に株式を上場している企業、資本金が5億円以上の大企業は、健全な経営がなされているかの監査を受けることが義務付けられています。つまり、第三者的立場からのチェック機能であり、この業務が公認会計士の大事な仕事となっています。企業の収入・支出記録について内容に誤りや嘘がないかを確認し、粉飾決算が行われることを防ぎます。粉飾決算があると、株主の投資の判断材料として混乱を招くことになりかねません。このような経済分野において、大勢の人の活動を陰で支える業務が「監査」になります。

勤め先としては、監査法人に務めることになりますが、他にも一般企業に属して経営や会計のアドバイスやコンサルティングを行ったり、経営戦略やコスト削減、合併等の企業サポートを行っている公認会計士もいます。このように、公認会計士としての活躍の場は広がりつつあります。また、公認会計士の資格を取得したことによって、税理士としての資格も得ることができますので、税理士として業務を行うことも可能です。このように多くの職務の可能性がある公認会計士を目指す方へ、その効率的な勉強方法等を紹介します。

Pocket